火星 ALPO-Japan Latest

Mars Image 2018/12/02(UT)
荒川 毅,柚木健吉,中田 昌,岡村修,畑中明利
Christopher Go,Paul Maxson,Clyde Foster,Miguel Araujo
T.Arakawa,Christopher Go,K.Yunoki,A.Nakata,P.Maxson,O.Okamura,A.Hatanaka,C.Foster,M.Araujo

Tsuyoshi Arakawa
南中前後まではよく晴れてくれ穏やかで、シーイングも良好でした。
視直径がかなり小さくなったため、従来の拡大率(F38)に加えて、F51まで拡大しての撮影も実行してみました。
拡大しても詳細部の描写はあまり変わらなかったようですが、やや階調が豊かになったようで、白雲等が見やすくなったように思います。

≪奈良県奈良市  荒川 毅≫[Tsuyoshi Arakawa:Nara Japan]

Christopher Go
Mediocre seeing today.  Mars is getting smaller and smaller.
Solis Lacus is at the CM of this image. Note that Ganges is still dark.
Melas Lacus and Aurorae Sinus can be seen on the right.
The South Polar Cap is getting smaller and smaller.

[Christopher Go : Cebu Philippines]

Kenkichi.Yunoki
良いシーイングであった。しかし、南中あたりで一気に悪くなった。

[Kenkichi Yunoki  (Sakai City,Japan)]
≪大阪府  堺市  柚木健吉≫

Akira-Nakata
曇天の空が17時から1時間弱晴れた。この時期の市街地としては良いシーイング。
この撮像後、海王星を火星起点で目盛環で導入したが倍率変更するまでに曇天に。

[Akira-Nakata  Koube-City Hhyougo-Prefecture Japan]
≪ 兵庫県 神戸市西区 中田  昌≫

Paul Maxson

[ Paul Maxson:Surprise,Arizona,United States]

Osamu Okamura
日没までは快晴でしたが、その後雲が来襲しました。気流は比較的よかったです。
右側の画像は、De-rotation処理がぞうです。
 
[Osamu Okamura (Kobe-City Hyogo-Pre. Japan)]
≪兵庫県神戸市  岡村  修≫

Akitoshi Hatanaka
昨日より  seeingは、落ちる。  像の揺れ、変形が大きい。北極に、白い部分(白雲か?)が確認できる。

≪三重県熊野市  畑中明利≫[Akitoshi Hatanaka:Kumano Mie Japan]

Clyde Foster



[Clyde Foster:Centurion,South Africa]

Miguel Araujo
Seeing: 8/10, Transparence: 9/10

[Miguel Araujo : Evora,Portugal]

ALPO-Japan Latest Mars Section
2018/12/03
2018/12/01