火星 ALPO-Japan Latest

Mars Image 2018/08/21(UT)
鈴木 隆,江口利哉,佐々木一男,三品利郎,遠藤宏次,岩政隆一,長瀬雅明,村田孝昭,橋野英嗣,中田 昌,黒田瑞穂,皆川伸也,岡村修,菅野清一,熊森照明,石橋力,吉田知之,阿久津富夫,三宅 明,平林 勇
Clyde Foster,Jose Antonio Soldevilla,Christophe Pellier,Peter Edwards,Joaquin Camarena,Manos Kardasis,Milika-Nicholas
T.Suzuki,T.Eguchi,K.Sasaki,T.Mishina,K.Endo,R.Iwamasa,M.Nagase,T.Murata,H.Hashino,A.Nakata,C.Foster,M.Kuroda,J.A.Soldevilla,Christophe.P,N.Minagawa,P.Edwards,J.Camarena,O.Okamura,S.Kanno,T.Kumamori,T.Ishibashi,T.Yoshida,Kardasis,Milika-Nicholas,T.Akutsu,A.Miyake,I.Hirabayashi

Takashi Suzuki
風が強く透明度は非常に良かったですが、シーイングが悪いです。一時的に改善した時に撮像しました。
眼視では模様が淡く形状がつかみにくいです。南極冠はくっきり見え、北極地方がやや青白く見えます。

[Takashi  Suzuki  (Hachiouji-City Tokyo  Japan)]
≪東京都八王子市  鈴木  隆≫

Toshiya Eguchi

≪東京都杉並区  江口利哉≫[T.Eguchi : Suginami Tokyo Japan]

Kazuo Sasaki

[K.Sasaki:Ohsaki-City Miyagi-Prefecture Japan]
≪宮城県大崎市  佐々木一男≫

Toshirou.Mishina

≪神奈川県  横浜市  三品利郎≫[Toshirou.Mishina:Kanagawa Japan]

Koji Endo
模様が従来の濃い部分にクレーターや低地にダストが堆積して明るく見える部分を合成したような見え方になっているように思います。

≪埼玉県越谷市 遠藤宏次≫[Koji Endo : Saitama Japan]

Ryuichi Iwamasa
SPCの北縁が65°S あたりになっている。高度の高い領域が白が強く北に張り出して見える。北極周辺のAcidaliaが異様に暗く見える。
オゾンホールのようにダストが抜けた領域なのか? S:4/10 T:4/10 透明度が上がらずクリアに見えない。雲が多くあきらめかけたがほんの少しの雲間があった。

≪神奈川県横浜市  岩政隆一≫[Ryuichi Iwamasa:Kanagawa:Japan]

Masaaki Nagase
上空は透明度が良かったものの遠方の台風が影響してか低層雲の流れが早く、透明度、シーイングとも変動が大きかった。
30分近く撮影したうちの3ショットのみを採用しました。

[Masaaki Nagase,Kawasaki-City,Japan]

Takaaki Murata

≪東京都  国立市  村田孝昭≫[Takaaki Murata: Tokyo Japan]

Hidetugu Hashino

≪千葉県木更津市 橋野英嗣≫[Hidetugu Hashino:Chiba:Japan]

Akira-Nakata
台風19号と20号の間の予定外の快晴。気温29℃。

[Akira-Nakata  Koube-City Hhyougo-Prefecture Japan]
≪ 兵庫県 神戸市西区 中田  昌≫

Clyde Foster
Image set from yesterday evening,looking down onto Olympus Mons and the Tharsis Montes,with Solis Lacus at upper left.
On screen,I had the impression that conditions had deteriorated from previous evenings,so was pleased with the final results.
The light linear feature I had noted the previous evening can be seen towards the bottom left limb.

[Clyde Foster:Centurion,South Africa]

Mizuho Kuroda

≪黒田瑞穂 : 兵庫県 太子町≫[Mizuho Kuroda : Taishi Hyogo Japan]

Jose Antonio Soldevilla

[Jose Antonio Soldevilla  Canyelles-Barcelona-Spain]

Christophe Pellier
Mars under poor seeing last night.

[Christophe Pellier  Bruz City,France]

Nobuya Minagawa

≪東京都  立川市  皆川伸也≫[Nobuya Minagawa:Tokyo Japan]

Peter Edwards





[Peter Edwars: West Sussex United Kingdom]

Joaquin Camarena
 
[Joaquin Camarena:Spain]

Osamu Okamura
RGB画像、ADCを変えてみました。


赤外像です。

[Osamu Okamura (Kobe-City Hyogo-Pre. Japan)]
≪兵庫県神戸市  岡村  修≫

Seiichi Kanno
約1ヶ月ぶりの報告になります。何度か撮像を試みましたが、シーイングに恵まれず報告出来るような画像を取得出来ない日が続いていました。
久し振りの火星は、視直径が一回り小さくなり、南極冠も収縮しましたが、南極冠の輝度はアップしている様に感じます。北極地方の濃く暗い模様は、非常に目立ちます。

≪山形県上山市  菅野清一≫[Seiichi Kanno:Yamagata Japan]

Teruaki Kumamori
台風接近で上空は強い南風が流れ、シーイングは最悪一歩手前でした。

≪大阪府堺市 熊森照明≫[Teruaki Kumamori:Ohsaka Japan]

T.Ishibashi
途中で雲が来て、見えなくなったりしましたが、気流はかなり良かったです。
サバ人の湾など、眼視でも見えてきました。マルチバンドシャープ(MBS)を掛けると、細部はクッキリしますが、大きな模様がとらえにくい感じです。
掛けてない画像も付けました。

(Tutomu-Ishibashi Kanagawa-P Japan)
≪神奈川県  相模原市  石橋力≫

Tomoyuki Yoshida

[吉田知之 Tomoyuki Yoshida:Utsunomiya,Tochigi,Japan]

Manos Kardasis
here is an obs made in very poor conditions

[Manos Kardasis,Glyfada-Athens;Greece]
《カーダシス マノス:ギリシャ アテネ》

Milika-Nicholas
A selection of Mars images from August 21st 2018...short periods of good seeing amongst a lot of dross...I present a large & capture scale rgb,
as well as the rgb along with the single channels & two iR610nm images at capture in the composite image:
in these & the 25th August images the string of 4 craters running North-East from the Eastern "rim" of the Argyre Basin (Galle,Wirtz,Helmholtz & Lohse) can still be seen despite some form of decrease in the abedo/contrast between them & the adjacent areas.
Also,a short animation in the B channel where the North Polar Hood clouds can be seen moving...





[Milika-Nicholas:Adelaide,South Australia]

Tomio Akutsu

≪茨城県 : 阿久津富夫≫

Akira Miyake

≪三宅 明≫[Akira Miyake:Nasu-Karasuyama,Tochigi,Japan]

Isamu.Hirabayashi

Isamu Hirabayashi (Tokyo,Japan)
≪東京都日野市  平林 勇≫

ALPO-Japan Latest Mars Section
2018/08/22
2018/08/20