火星 ALPO-Japan Latest

Mars Image 2018/08/07(UT)
荒川 毅,中田 昌,黒田瑞穂,堀内 直,柚木健吉,安達 誠
Carmine Gargiulo,Guilherme Grassmann,Dmitry W. von Aichegg,Gianluca Bianchi,Avani Soares,Ioannis A. Bouhras,Efrain Morales Rivera,Michel Deconinck,Paul Maxson
T.Arakawa,A.Nakata,M.Kuroda,C.Gargiulo,T.Horiuchi,G.Grassmann,Dmitry.W,G.Bianchi,K.Yunoki,A.Soares,I.Bouhras,E.Morales,M.Adachi,M.Deconinck,P.Maxson

解説(安達)/ Comment by Makoto Adachi
 SPCは今日もHellespontus南方とAoniusの南方で晴れている。
 堀内氏の画像は非常によく撮れている。Amazonis付近の淡い模様がダストストームのベールの下に記録できている。だんだん淡く
なってきた様子がこの画像からも分かる。Electris付近の細かな濃淡が非常によくとらえられているが、今までのようなElectrisの姿
ではなくなってしまい、見慣れない姿となった。今回のダストストームはこの付近で活発だったことから、大きな影響があったものと
推察される。
 Dmitry W. von Aichegg氏は、前日にEdenの北側にあった、淡いダストストームが菱に移動している様子を記録している。この付近は
北半球によって特徴的な季節風によって流されたものと思われる。

SPC is still clear today south of Hellespontus and south of Aonius.
Mr. Horiuchi's image is very well taken. A light pattern near Amazonis is recorded under the veil of dust storm. From this image 
you can see how it gradually became faint. Although the fine shades around Electris are captured very well, it has become an unfamiliar 
appearance as it is not the form of Electris like so far. Since the dust storm this time was active in the vicinity, it is inferred that there was 
a big influence.
  Mr. Dmitry W. von Aichegg records how the light dust storm, which was on the northern side of Eden the day before, is moving to Russia. 
It seems that this neighborhood was swept away by a characteristic seasonal wind by the Northern Hemisphere.

(by 15 observations ;reported by Makoto Adachi)


-------------------------------------------------------------------------------------
Tsuyoshi Arakawa
撮影を開始した頃は、強い風に悩まされましたが、夜半には風も止み、良いシーイングに恵まれました。

≪奈良県奈良市  荒川 毅≫[Tsuyoshi Arakawa:Nara Japan]

Akira-Nakata
北風で気流がやや悪い。

[Akira-Nakata  Koube-City Hhyougo-Prefecture Japan]
≪ 兵庫県 神戸市西区 中田  昌≫

Mizuho Kuroda

≪黒田瑞穂 : 兵庫県 太子町≫[Mizuho Kuroda : Taishi Hyogo Japan]

Carmine Gargiulo

[Carmine Gargiulo:City: Sant'Agnello (NA) - ITALY]

Tadashi Horiuch

《京都府宇治市、堀内直》[T.Horiuchi: Uji- City Kyoto Japan]

Guilherme Grassmann

[Guilherme Grassmann,Americana-San Paulo,Brasil]

Dmitry W. von Aichegg
Seeing 7/10 Trans 4/5

[Dmitry W. von Aichegg : Faro de Cullera,Spain]

Gianluca Bianchi
seeing 6/10   transparence 8/10
 
[Gianluca Bianchi:Modena ITALY]

Kenkichi.Yunoki
尻あがりにシーイングが良くなる。最後の方は今シーズンで最も良くなった。シーイングが良いと処理も控えめでも模様は出てくる。
眼視でも見たくなり、515倍で観るが、35cmではまぶしすぎます。前回の大接近の際は20cmだったのでそこまでは感じませんでした。
火星は表面輝度が高いせいもあろうが流石に35cm、集光力が3倍大きいとここまで違うものかと思った。
ムーングラスを引っ張り出し、それを介して見ると見やすくなった。南極冠の亀裂の様子が画像処理後の画像より詳細に見えるのには驚いた。
スケッチは描画能力がないので止めた。表面模様(キンメリア、シレーンなど)も良く見えるが南極冠ほどコントラストがないため、画像処理後のような詳細な様子はわからない。
ダストのせいかも知れないが、微妙なコントラスト検出視力は修行不足、能力不足で私にはないからです。火星はこの能力がないとスケッチはとれないと思っています。
米山氏が指摘されているように、キンメリアとシレーン間はシュミレーションと異なってますね。蛸の吸ばん集合体のような濃い模様が写りますが、この辺は何と言う地名なのでしょうか。

[Kenkichi Yunoki  (Sakai City,Japan)]
≪大阪府  堺市  柚木健吉≫

Avani Soares
With the dust coming down many details start to get noticeable!
Vallis Marineris very visible near 8 am,Chryse,
Acidalia and Argyre Planitia stand out easily as well as Margaritifer and Meridiani Planum,
but what I liked was to be able to capture with good resolution the various dark craters like Trouvelot,Rutherford,
Becquerel and Radau perfectly recognizable to the left side of Arabia Land almost a little above the center of the photo.

[ Observatory Parsec,City Canoas,Brazil]

Ioannis A. Bouhras

[Ioannis A. Bouhras : Peristeri,Athens,Greece]

Efrain Morales Rivera


 
[Efrain Morales Rivera  Aguadilla:Puerto Rico]

Makoto Adachi
前日に見られたMare Sirenumの南側のダストストームは、明るさがやや低くなった。
位置はそれほど変わらず、本当にダストストームかどうか、いささか疑わしくなってきた。
 


--------------------------------------------------------------
≪滋賀県  大津市  安達  誠≫[Makoto Adachi:Siga Japan]

Michel Deconinck
Seeing 5/10 (Transparence)Trans 8/10
Watercolor of Mars (black pen HB and blending stump on white paper plus watercolor)
made with my mewlon 250/2500,
Integrated light plus grey filter then red and blue one.

[Michel Deconinck : [Artignosc-sur-Verdon,France]]

Paul Maxson

[ Paul Maxson:Surprise,Arizona,United States]

ALPO-Japan Latest Mars Section
2018/08/08
2018/08/06