火星 ALPO-Japan Latest

Mars Image 2018/06/07(UT)
岩政隆一,荒川 毅,大田 聡,橋野英嗣,遠藤宏次,米山誠一,熊森照明,井上 修,山崎明宏,阿久津富夫,吉田知之
Michel Deconinck,Eric Sussenbach,Michael Rosolina,John Sussenbach
M.Deconinck,E.Sussenbach,R.Iwamasa,T.Arakawa,S.Ota,H.Hashino,K.Endo,S.Yoneyama,T.Kumamori,M.Rosolina,J.Sussenbach,O.Inoue,A.Yamazaki,T.Akutsu,T.Yoshida

-------------------------------------------------------------------------------------
Michel Deconinck
Seeing 8/10 (Transparence)Trans 8/10
Watercolor of Mars on white paper
First watercolor-light made with my brand new Mewlon 250 CRS from Japan !.

[Michel Deconinck : [Artignosc-sur-Verdon,France]]

Eric Sussenbach
Seeing 8/10,Transparency 8/10

[Eric Sussenbach : [ Willemstad,Curacao (Dutch Caribbean)]

Ryuichi Iwamasa
ダストストームはNiliacusLacus,Chryseを中心に Xanthe--Edenに拡散している。
NiliacusLacusの南西からはAchillisFons,LunaeLacus,Tharsisへ細く連なっている。
Xantheの西のGangesはダストが薄く褐色に見える。北極にわずかだが雲がみられる。
全体に霞んでいる印象がある。シーイングは3-4/10レベルで詳細がつかみにくい。

≪神奈川県横浜市  岩政隆一≫[Ryuichi Iwamasa:Kanagawa:Japan]

Tsuyoshi Arakawa
梅雨入り直後の雲がやや薄れたところを狙って撮影してみました。
3日前と比較して、ダストストームがかなり複雑に伸びてきています。

≪奈良県奈良市  荒川 毅≫[Tsuyoshi Arakawa:Nara Japan]

Satoshi Ota

[Tomigusuku city Okinawa Japan]
≪沖縄県  豊見城市  大田 聡≫

Hidetugu Hashino
いつもと感じが違って、あっら〜?

≪千葉県木更津市 橋野英嗣≫[Hidetugu Hashino:Chiba:Japan]

Koji Endo
快晴でシーイングも良くなりダストストームを写すことができました。マルガリティフェル湾や子午線湾もほとんど見えないようです。

≪埼玉県越谷市 遠藤宏次≫[Koji Endo : Saitama Japan]

Seiichi Yoneyama
土星を撮影後、仮眠して撮影した火星です。透明度は回復していたけどシーイングは悪いままでした。
火星像が何度もボケ、小刻みに揺れる状態で、リムもボケていました。

≪神奈川県横浜市  米山誠一≫[Seiichi Yoneyama:Kanagawa Japan]

Teruaki Kumamori
雲間から辛うじて撮影することができました。ダストストームはこれからまだ広がるのでしょうかね。

≪大阪府堺市 熊森照明≫[Teruaki Kumamori:Ohsaka Japan]

Michael Rosolina

[Michael Rosolina : Friars Hill,WV  USA]

John Sussenbach



[スセンバッハ:オランダ]
[John Sussenbach:Houten,Netherlands]

Osamu Inoue
僅かな晴れ間からの撮影でした。

≪大阪府  枚方市  井上  修≫[Osamu Inoue. Hirakata-shi,Osaka,Japan]

Akihiro.Yamazaki

《東京都町田市、山崎明宏》[A.Yamazaki: Machida Tokyo Japan]

Tomio Akutsu
ダストストームが見られます

≪茨城県 : 阿久津富夫≫

Tomoyuki Yoshida

[吉田知之 Tomoyuki Yoshida:Utsunomiya,Tochigi,Japan]

ALPO-Japan Latest Mars Section
2018/06/08
2018/06/06