火星 ALPO-Japan Latest

Mars Image 2018/05/11(UT)
遠藤宏次,岩政隆一,佐藤康明,井上 修,尾崎公一,山崎明宏
Eric Sussenbach
K.Endo,R.Iwamasa,Y.Sato,O.Inoue,K.Ozaki,A.Yamazaki,E.Sussenbach

Koji Endo
薄雲が頻繁にかかりましたがシーイングは良かったです。
モニターではHellasは地のアルベドが見えているように感じました。
また、Syrtis Majorの低緯度付近に雲が掛っているように見え、西のエッジは明るく輝いて見えました。

≪埼玉県越谷市 遠藤宏次≫[Koji Endo : Saitama Japan]

Ryuichi Iwamasa
ArgyreからErythraeumあたりに白雲。南極には白い筋状の部分がみられる。SPCのエッジのCMあたりにくびれがあるHygensが見える。
Hellasは広く白雲に覆われ、SyrtisMajorの南まで薄く広がる。北極の雲は昨日ほどはっきりしない。視直径12.3”地上高度31度
GPVの予報でほぼ曇りとあきらめていたが念のためTEC冷却をしておいた。2:30に空を見ると透明度は悪いが火星は見えた。

≪神奈川県横浜市  岩政隆一≫[Ryuichi Iwamasa:Kanagawa:Japan]

Yasuaki Sato

-----------------------------------------------------
[Sagamihara-shi Kanagawa-prefecture Japan]
≪神奈川県相模原市  佐藤康明≫

Osamu Inoue

≪大阪府  枚方市  井上  修≫[Osamu Inoue. Hirakata-shi,Osaka,Japan]

Kimikazu Ozaki

[Ki.Ozaki,Sobue Inazawa Aichi JAPAN]
≪愛知県稲沢市祖父江町  尾崎公一≫

Akihiro.Yamazaki
明け方にかけて、シーイングが改善しました。

《東京都町田市、山崎明宏》[A.Yamazaki: Machida Tokyo Japan]

Eric Sussenbach
Celestron 8” Edge HD, 3x Barlow, ZWO ASI290MC, Advanced VX Equatorial Mount
Seeing 8/10, Transparency 8/10

[Eric Sussenbach : [ Willemstad,Curacao (Dutch Caribbean)]

ALPO-Japan Latest Mars Section
2018/05/12
2018/05/10